VOM

 Voice of Memory
記憶からのささやき


VOM > 名言集 >カルロス カスタネダ

カルロス カスタネダ 名言


右欄表示
(スマホ用)

カルロス カスタネダの名言は、強化された知覚下(hightened awareness)でのドン ファーンの教えをしっかり伝えています。その教えは宗教・伝説・預言者・透視者の言葉を彷彿させる。



カルロス カスタネダ 名言  英語と日本語訳

宇宙の生命力は自分を知る手段として、知覚を持つ生命体(有機・無機)を誕生させる。人間もその一つ。人間の寿命が尽きるとき、その知覚を獲る(食べる)ことで、宇宙生命力はみずからを知る手立てにしている。それには例外が存在する。人生の完全回想で、知覚による経験を全て吐き出し、代わりに奉納することで、生命力の没収が免除され、未知の宇宙(別世界)への旅立ちが許される。

生命体の知覚はアセンブレージ(焦点)の所在位置で決まる。この位置を移動することで、テレビのチャンネルのごとく、知覚(受像)は瞬時に変わる。元々、人はこの焦点を自由に動かせる能力を備えているが、いわば「理由(因果関係)」の概念を半強制的に自分に語り続ける事で、人生(時間)の継続を維持している、いや継続に持てる全てのエネルギーをついやしてしまっているために、現在の人類はこの焦点を自由に動かせない状況に陥ってしまっている。そこから、一歩這い上がる方法がここで呼ばれる妖術と呼ばれているものである。(従って、仏の言う無我でなくても、内的無言・沈黙に達することで、生命エネルギーの消費の配分を変え、焦点を動かせ始められれば、あなたも教えが身に付き始めた、または妖術師になったと言える。)



カルロス カスタネダ
人文学者 博士
誕生 1925年12月25日
死没 1998年4月27日
国籍 米国
The Teaching of Don Juan, A Separate Reality, Tales of Power, The Eagle's Gift, The Power of Silence, Active Side of Infinity, The Art of Dreaming.



本 Eagle's Gift
Section (Losing human form)

The nagual said that losing the human form is like a spiral. it gives you the freedom to remember and this in turn makes you ever freer. 人間の様式の脱ぎ去りは渦巻き的に拡大させる。記憶が思い出せる自由が得られる。記憶を思い出せば、さらにその自由が広がる。

Section (Attention in dreaming)

In dreaming one has to use the same mechanisms of attention as in everyday life, that our first attention had been taught to focus on the items of the world with great force, in order to turn the amorphous and chaotic realm of perception into orderly world of awareness. 夢見では、日常生活の注意力の構造を使うことになる。それは、第一注意力が大きな力により、空間の項目に焦点を当てるべく訓練をされてきたもので、それにより、形がなく無秩序な物を生命体が理解できる秩序ある知覚に整える(られるから)。

Don Juan also told us that the second attention served the function of beckoner, a caller of chances. The more it is exercised, the greater the possibility of getting the desired result. But that was also the function of attention in general, a function so taken for granted in our daily life that it has become unnoticeable. 第ニ注意力は機会(現象)を呼び寄せる働きを持つ。熟練すればするほど、要望を満たす可能性は高まる。しかし、これは注意力の一般的な機能であるが、現在の日常生活では自然(当然)な結果と誤解されている為、忘れ去れてしまった。

Section (Will)

He said that it is a moment of blackness, a moment still more silent than the moment of shutting off the internal dialogue. That blackness, that silence, gives rie to the intent to direct the second attention, to command it, it makes it do things. The intent and the effect are will. 内部沈黙は心が空白の状況で、心の内なる(自分への)語りかけがない状態より一歩進んだもの。其の空白、無心は宇宙意思に第二注意力を働かさせ、現象を起こさせる。宇宙意思とその影響は意識として現れる。

Section (Intent)

The Nagual said that intent is present everywhere. Intent is what what makes the world. People, and all other living creatures for that matter, are the slaves of intent. We are in its clutches. It makes us do whatever it wants. 宇宙意思は普遍的にどこにでも存在している。世の中を作り出しているものは宇宙意思。従って、人を含め全ての生命体は宇宙意思下に存在するので、それに従わざるを得ない。我々はそれの手の内にある。つまり、宇宙意思は我々をどのようにでも振舞わせる。

Section (Tonal and nagual)

Don Juan had told us that human beings are divided in two. The right side, which he called the tonal, encompasses everything the intellect can conceive of. The left side, called the nagual, is a realm of indescribable features; a realm impossible to contain in words. The left side is perhaps comhprended, if comprehesion is what takes place, with the total body; thus its resistance to conceptualization. 人はニ分割されている。右半分はトーナルと呼ばれ、知性が認知する全てをつかさどる。左半分はナワルと呼ばれ、記述できない特徴を持つ領域。言葉では含められない。左側は、強いて言えば、全体で理解する領域とでも言える。従って、概念化するのは不可能な領域。

Section (Second attention and first attention)

The second attention belongs to the luminous body, as the first attention belongs to the physical body. 第二注意力は発光身体が持つもの。第一注意力が物理身体のものであるように。

Section (Luminous body)

The luminous body is constantly creating cobweblike filaments, which are projected out of the luminous mass, propelled by emotions of any sort. Therefore, every situation of interaction, or every situation where feelings are involved, is potentially draining to the luminous body. 発光身体はクモの巣のようなフィラメントを常に生み出し、発光身体の外に投影している。それは情緒の変化により投影される。従って、外部と関わったり、または、情緒が関係する全ての状況で、発光身体のエネルギーを消耗することになる。

Unless stalkers have gone through the preliminaries in order to retrieve the filaments they have left in the world, and particulary in order to reject those that others have left in them, there is no possibility of handling controlled folly. ストーカーは世の中に残したフィラメントを回収したり、発光身体に他人が残した物を放出する主な(回想)をしない限り、(消耗が続く。)

Section (Recapitulation)

Sorcerers start their recapitulation by thinking, by remembering the most important acts of their lives. 妖術師は彼らの人生の中での最も重要な出来事を考え、思い出して、回想を行なう。

Section (Oncoming time)

Stalkers face the oncoming time. Normally we face time as it recedes from us. ストーカーは近づいてくる時間に遭遇、一般人は去って行く時間を見る。

Section (Time)

Time is the essence of attention; the Eagle's emanations are made out of time; and properly, when one enters into any of the other self, one is becoming acquainted with time. 時間は注意力の本質。鷲の放射は時間。より適切には、別の自分の様相になる時、時間と手を組むことになる。

Section (The cencter of assembling for the second attention )

The most important of those points is located a foot away from the stomach, 40 degrees to the right of an imaginary line shooting straight forward. Juan Tuma told us that that was a center of assembling for the second attention. 最も重要な点はへそ前方約30cm右へ15cmに所在する。そこに、第二注意力の焦点が存在する。

When you attain the inner silence, it's point moves from the average man's normal position back to the second attention. 内部沈黙状態に達すると、一般人の焦点の位置から第二注意力の焦点に移動する。

As you get beyond the second attention, or the point of silent knowldge, you perceive other world: No language can describe, no reasoning exist. You are unable to word your thought. 第二注意力の焦点、沈黙の知識の点を越すと、別の世界を知覚するようになる。言語では表現できなく、理性も働かない。思考は言葉にならない。

本 The Power Silence
Section (The Manifestations of the Spirit)

This was one of the bewildering effects of the connecting link with intent. Sorcerers had a sense of knowing things directly. 宇宙意思との連結の不可思議な効果で、妖術師は出来事への直感が芽生える。

Section (The Knock of the Spirit)

Mental balance is nothing but the fixing of the assemblage point on one spot we're accustomed to. 精神の安定(がある)とは人が慣れ親しんだ位置に焦点を固定していることに他ならない。

The nagual Elias used to tell me that whole of humanity has moved away from the abstract, although at one time we must have been close to it. 人類はある時点では宇宙意思に近い所にいたが、次第に離れて行ってしまった。

Section (Sexual energy governs dreaming)

Our sexual energy is what governs dreaming. 人の性エネルギーが夢見の原動力。

Section (The Trickery of the Spirit)

Don Juan said that perception is the hinge for everything man is or does, and that perception is ruled by the location of the assemblage point. 知覚は人がその人であったり、人が行動することへの基点になっている。また、知覚は焦点の位置で定まる。

Sorcerer seers of ancient times, through their seeing, had first noticed that unusual behavior produced a tremor in the assemblage point. The soon discovered that if unusual behavior was practiced systematically and directed wisely, it eventually forced the assemblage point to move. 古代の妖術師は、透視により、人のまれな行動が焦点の位置をゆすり動かす事象を発見した。

Section (The four moods of stalking)

The four moods of stalking are ruthlessness, cunning, patience, and sweetness. ストーキングの四つの気分は無情、抜けめなさ、忍耐、優しさ。(これを使い、ストーカーは焦点をゆする(まれな)行動を意図的に取る)

Section (Warriors to move the assemblage points)

Warriors must learn to stalk; next they must learn to intend, only then could they move their assemblage point at will. 戦士はストーキングを学ばなければならない。次に、意図することを学び、その結果、意思通りに焦点を動かせれるようになる。

He said that as the energy that was ordinary used to maintain the fixed position of the assemblage point became liberated, it focused automatically on that connecting link. 現焦点の位置の釘付に投入されているエネルギーを開放させられれば、その開放されたエネルギーは自動的に連結リンクに向かう。

Section (Who are sorcerers?)

Anyone who succeeds in moving his assemblage point to a new position is a sorcerer. 焦点を新しい位置に動かせる人は妖術師と呼べる。

Section (The Descent of the Spirit)

The job of our chains of self-reflection is to give us the feeling that bleeding together, that we are sharing something wonderful: our humanity. But if we were to examine it, we would discover that we bleeding alone; that we are not sharing anything; that all we are doing is toying with our manageable, unreal, man-made reflection. 繰り返して行なう自己反映の仕事(目的)は「人類は共存しているんだ」、「素晴らしいことを分かち合っているんだ」と言う思いをもたらせることです。しかし、分析すれば、個々に分離し生存いることが判明する。何も分かち合っていない。我々は自己反映によって、むなしく焦点を持ち遊んでいるだけのことでる。

He had explained that normal perception occurs when intent, which is pure energy, lights up a portion of the luminous filaments inside our cocoon, and at the same time brightens a long extension of the same luminous filaments extending into infinity outside our cocoon. Extraordinary perception, seeing, occurs when by the force of intent, a different cluster or energy fields nergizes and lights up. 普段の知覚は宇宙意思が、人の繭の中の輝くフィラメントを点灯して起きる。同時に、その点灯されたフィラメントの繭の外側で無限に長く伸びる部分も輝きだす。驚異的な知覚も、ある特別な層(第二注意力の焦点)が点灯されると、もたらされる。

We are unaware of being linked to everything else. 人は(宇宙の)全てのものとつながっていることに気づいていない。

He said that when the assemblage point moves and reaches the place of no pity, the position of rationality and common sense becomes weak. 焦点が移動し、無哀憐(あいれん)の地点に到達すると、理性と一般常識の力が低下する。

Sorcerers believe that when man became aware that he knew, and wanted to be conscious of what he knew, he lost sight of what he knew. It means that man gave up silent knowledge for the world of reason. The more he clings to the world of reason, the more ephemeral intent becomes. (遠い昔)人が「自分が知(分か)る」事に気づき、「知った物事」に興味を抱き始めると、自分の原点を忘れてしまった。つまり、理性の世界への(入り口の)知識を人は、忘れてしまった。理性の世界にのめり込めば、のめり込むほど、宇宙意思とのつながりはひそめた。

Section (The assemblage point affects our perception)

He said that what a strange feeling: to realized that everything we think, everything we say depends on the position of the assemblage point. 驚きを禁じえないことだが、人の考えることや言うことの全ては、焦点の位置によって定まると言うこと。(ある意味ではアインシュタインの唱える人生決定論である)

Section (What is intent?)

They realized that intent was the force that kept the Eagle's emanations separated and was not only responsible for our awareness, but also for everything in the universe. They saw that this force had total consciousness and that it sprang from the very fields of evergy that made the universe. 宇宙意思が鷲の放射の分離を起こしている力であり、人だけでなく、宇宙に存在する全ての物の認識に関わっている。その力は宇宙全体の知覚を持ち、宇宙を構成する全てのエネルギーから形成されている。

Section (The Somersault of Thought)

He said that as the energy that was ordinary used to maintain the fixed position of the assemblage point became liberated, it focused automatically on that connecting link. 現焦点の位置の釘付に投入されているエネルギーを開放させられれば、その開放されたエネルギーは自動的に連結リンク(の浄化)に向かう。

In order to attain that instantaneous shift of energy, one needed a clear connection with intent. 瞬時にエネルギーを移すには、宇宙意思に明瞭につながっている必要がある。(第二注意力の焦点までに到達するには。そこからは、無機質生命体のエネルギーを借りて移動する)

Section (Moving the Assemblage Point)

The only way to think clearly is to not think at all. Or at least the day-to-day type thinking had to stop to allow the assemblage point to shift. 考える唯一の方法は考えないこと。少なくとも、焦点を移すには日常の思考が止まらないと。(宇宙の持つ矛盾性が何事も可能にする原点?)

The truth is that the eyes are only superficially connected to the world of everyday life. 真実を言えば、人の目はこの世では、上辺だけ働いている。(エネルギー体で透視する時も、肉体的な目を使用していないもの。)

After all, the eyes of all living beings can move someone else's assemblage point, especially if their eyes are focused on intent. 早く言えば、生命体の持つ全ての目は他のものの焦点を動かす力を備えている、特にその目が宇宙意思を見つめていれば。

Any movement of the assemblage point is like dying. Everything in us gets disconnected, then reconnected again to a source of much greater power. That amplification of energy is felt as a killing anxiety. どんな焦点の移動も、死のようなもの。現につながっている物から、解き放たれ、強大な力の源につながりなおる。意識は瞬時に移り変わる。(時間の継続はそこでぶっちぎれるから。元々時間の継続は第一注意力が維持しているものであって、存在するのは永遠の今の瞬間)

Section (The place of no pity)

He said that when the assemblage point moves and reaches the place of no pity, the position of rationality and common sense becomes weak. 焦点が移動し、無哀憐(あいれん)の地点に到達すると、理性と一般常識の力が低下する。

Section (Ancient man)

Then he talked about ancient man, He said that ancient man knew, in the most direct fashion, what to do and how best to do it. But, because he performed so well, he started to develop a sense of selfness, which gave him the feeling that he could predict and plan the actions he was used to performing. And thus the idea of an individual 'self' appeared; an individual self which began to dictate the nature and scope of man's actions. As the feeling of the individual self became stronger, man lost his natural connection to silent knowledge. Modern man, being heir to that development, therefore finds himself so hopelessly removed from the source of everything that all he can do is express his despair in violent and cynical acts of self-destruction. 古代の人間は何をし、どのように行なうのかを直接に理解していた。しかし、人は簡単(常に完璧)に行なえることで、自分の(存在)意識に目覚め(自覚)、元々自分で創造していた物事(現象)を、予測したり計画したりできると勘違いし始めた(理性の芽生え)。このように、自分と言う「個」の概念が芽生え始めた。この「個」の概念が人の行動を主導(統制)し始めた。 やがてこの個の主観がさらに強まり、沈黙の知識とのつながりを全く忘れることになってしまった。今日の人類はここから派生した人々で、全ての力の原点(宇宙意思)からつながりが切れたことを無意識に感じており、失望感や絶望感がはびこり、凶暴で冷笑的な自己破壊現象として現れる。

Section (The Requirement of Intent)

I have insisted to the point of exhaustion that there are no procedures in sorcery. There are no methods, no steps. The only thing that matters is the movement of the assemblage point. And no procedure can cause that. It's an effect that happens all by itself. 度々繰り返して言うが、妖術には(真には)手順は存在しない。どんな方法も過程もいらないし、存在もしない。必要な点は焦点を移動させることがポイントと言う事だけ。しかも、どんな手順もそれを動かすものではない。なぜなら、その動きは自ら働くからだ。(つまり、宇宙意思とのつながりを清めなさい、内部無言状態を作り出し、理性(理由に基づく思考)の働きを止め、現在の焦点に固定させているエネルギーを開放すれば、自ずから焦点は第二注意力に向けて移ると)

Section (Handling Intent)

Silent knowledge was a general position of the assemblage point, and ages ago it had been man's normal position, but that, for reasons which would be impossible to determin, man's assemblage point had moved away from that specific location and adopted a new one called 'reason'. 沈黙の知識は焦点の一地点で、むかしのその昔では、人が普通に持つ位置にあった。その理由は定かでないが、人のその焦点はそこから、理由(理性)と呼ばれる位置に移動した。(後に、その理由は個の芽生えと説明している)

'The place of no pity,' being another position of the knowledge, was the forerunner of silent knowledge, and that yet another position of the assemblage point called 'the place of concern,' was the forerunner of reason. (一線で表すと)無哀憐(あいれん)の地点は沈黙知識への手前に位置し、「こだわりの地点」とよばれる焦点は「理由(りせい)」への手前に存在する。(沈黙知識-->無哀憐-->こだわりの地点-->理由)

Being in two places at once was a milestone sorcerers used to mark the moment the assemblage point reached the place of silent knowledge. 同時にニ地点での存在が妖術師の焦点が沈黙の知識に到達した道標。(時間空間領域(第一注意力焦点)では、次の場所と表さざるを得ない)

Section (The perception attained at silent knowledge)

He said that one way to talk about the perception attained in the place of silent knowledge was to call it 'here and here'. つまり、沈黙の知識での知覚は、(ニ地点はこことあそこの概念ではなく、) こことここと言う概念になる。

Section (as average man is blind to the most crucial piece of knowledge)

The existence of the assemblage point and the fact that it could move. It's unthinkable that there should be an invisible point where perception is assembled. 焦点の存在と、またそれが移動すると言う事実は、つまりその位置に基づいた知覚がもたらされることは、想像を絶する。

And freedom is at his fingertips. It's called the third point. And it can be reached as easily as the assemblage point can be made to move. (人の自由、開放は)人の手の届くところに在る。それは第三の地点と呼ばれる。それへは、其処に焦点を移動させるだけでよい。(焦点の移動は人の死に似ている、継続性は第一注意力の特性)

Section (Two One way Bridge)

Since our minds are our rationality, and our rationality is our self-reflection, anything beyond our self-reflection either appalls us or attract us. 人の心は理性に基づいており、その理性が「個」の概念を維持、故に、この概念を越えようとすると、人は「ぎょっと」となるか、引きつけられる。(どちらになるかは、その人の性分による)

本 The active side of infinity
Section (memorable events)

One is our true mind, the product of all our life experiences, the one that rarely speaks because it has been defeated and relegated to obscurity. The other, the mind we use daily for everything we do, is a foreign installation. 一つは我々の真の心で、それは我々の生活経験から生み出されたものであり、殆ど口を出すことのないもう一つの心は、打ち負かされ、隅に追いやられている。その毎日の物事にことごとく口を出す心は、外部から持ち込まれた・放り込まれたものである。(我々の経験の知覚を食料としている、飼い主に。単純に言えば、家畜だ)

Section (The Breaking Point)

Don Juan defined inner silence as a peculiar state of being in which thoughts were canceled out and one could function from a level other than that of daily awareness. He stressed that inner silence meant the suspension of the internal dialogue. 内部沈黙とは思考が止められ、日常の認識ではないレベルで機能する不思議な状態と言える。内部沈黙は内部対話(自己と対話)の停止を意味する。(今日の人間は止まることなく無限に自己に内部対話していることに気づける)

Inner silence works from the moment you begin to accrue it. What the old sorcerers were after was the final, dramatic, and result of reaching the individual threshold of silence. 内部沈黙はそれを累積始めると直ちに活動し始める。昔の妖術師が追求したものは、最終的に、驚異的な個々の沈黙への入り口点へ到達すること。

This is the moment when sorcerers return to the true nature of man. The old sorcerers also called it total freedom. It is the moment when man the slave becomes man the free being, capable of feats of perception that defy our linear imagination. この時点で、妖術師は本来の人間性を取り戻す。彼らは、それを完全な自由と呼んだ。それは、人が奴隷的な関係から自由な生命体へと開放される瞬間。我々の単純で直線的な想像力を絶する偉業的な知覚をもたらす。

Don Juan assured me that inner silence is the avenue that leads to a true suspension of judgment - to a moment when sensory data emanating from the universe at large ceases to be interpreted by the senses; a moment when cognition ceases to be the force which, through usage and repetition, decides the nature of the world. 内部沈黙は真に思慮分別を止めることへつながる。其のとき、宇宙全般から放射されている知覚データの知覚器官による処理が停止する。経験と反復から生み出されている力で、この世界の状態を決定する認知力が停止するのだ。

Section (The Measurements of Cognition)

The universe sis composed of an infinite number of energy fields that exist in the universe at large as luminous filaments. Those luminous filaments act on man as an organisim. The response of the organisim is to turn those energy fields into sensory dada. 宇宙は全般的に存在する輝くフィラメントとして存在する無限のエネルギー「磁」場からなる。これらの輝くフィラメントが人間にも生命体として働きかける。生命体の反応はそのエネルギー磁場を知覚データに変換している。

Section (Inorganic awareness)

For sorcerers, when the act of unification takes place, there is no corpse. There is no decay. Their bodies in their entirety have been turned into energy, energy possessing awareness that is not fragmented. The boundaries that are set up by the organisim, boundaries which are broken down by death, are still functioning in the case of sorcerers, although they are no longer visible to the naked eye. 妖術師には、合体するとき、死骸はない。腐敗することもない。彼らの身体は全てエネルギー化する。そのエネルギーは、しかし、断続的でない(包括的?)認知力を保持し続ける。生命体で形成された境界は、一般人の死では消滅するが、保持される。しかし、物理身体の目では見えなくなる。

You must realize that it is our cognition, which is in essence an interpretation system, that curtails our resources. Our interpretation system is what tells us what the parameters of our possibilities are, and since we have been using that system of interpretation all our lives, we cannot possibly dare to go against its dictums. 人の資源を制限しているものは我々の認知力、本質的には解釈システム、であることを理解せねばならない。我々が持つ解釈システムが我々の限界の要素を示唆すると。我々は生後ずっとこの解釈システムに依存して来た為、それに反目する思考をすることは論外なのだ。

Section (The clear view)

All of us human beings are prisoners, and it is that prison that makes us act in such a miserable way. 我々人類は捕らわれ者。その捕らわれの身が我々を悲惨な行動へと駆り立てている。

Section (Mud shadows)

Sorcerers believe that the predators have given us our systems of beliefs, our ideas of good and evil, our social mores. They are the ones who set up our hopes and expectations and dreams of success or failure. They have given us covetousness, greed, and cowardice. It is the predators who make us complacent, routinary, and egomaniacal. 妖術師は捕食者が(家畜として)我々の思想、善と悪の概念、世俗などを植えつけたと認知している。彼ら(捕食者)は我々の希望・期待・成功や失敗の夢をしかける。我々は彼らによって利欲・貪欲・臆病さを刷り込まれた。我々を自己満足的に、習慣的にまた自己中心的させているのはこの捕食者以外の何者でもない。(人の知覚経験を食料にしている捕食者なのだ)

本 The art of dreaming
Section (Sorcerers of antiquity)

Sorcerers view dreaming was the art of displacing the assemblage point at will from its habitual position in order to enhance and enlarge the scope of what can be perceived. 夢見は焦点を習慣的な位置から意思的に変動させる芸術・技術と考えれらている。その変動(移動)は、我々の認知する範囲を拡大し増幅する。

Section (The fixation of the assemblage point)

Remember that, in your dreams, once you are able to hold the view of any item, you are really holding the dreaming position of your assemblage point. 夢の中で、どの項目・品目でもよいが、一項目の象を保持でるようになれば、夢の(が持つ)焦点を固定でき始めたことを示唆する。

Section (The new area of exploration)

The world is like an onion, it has many skins. In the view of sorcerers, the universe is constructed in layers, which the energy body can cross. Do you know where the old sorcerers are still existing to this day? In another layer, in another skin of the onion. この世はたまねぎの皮のようになっている。宇宙は何層にも形成されている。その層をエネルギー体でかいくぐることができる。そのある層に、昔の妖術師は今日でも滞在している。

Section (Stalking the stalkers)

A journey, a journey that uses awareness as an element of the environment. Through the medium of awareness, scouts from all over the universe come to us, and vice versa; via awareness, sorcerers go to the ends of the universe. 旅立ちは自覚を環境の要素として用いる。自覚の媒体を通して、宇宙空間から探検隊が我々を訪れてやってくる。逆に、妖術師も自覚を使い、宇宙の端まで出かけている。(と言っても実際に距離概念は存在しないし、時間も今が存在するだけだが。)

Think about this. Perhaps this is exactly what is happening to all of us in the world of daily life. We are here, and the fixation of our assemblage point is so overpowering that it has made us forget where we came from, and what our purpose was for coming here. 考えてみたことあるだろうか。何がいったい、日常世界に起きているのだろうか。我々はここに存在する、今の焦点に固定化(安定化)され、その威力は絶大なものであり、我々がやって来た源やここに来た本来の目的を見失わ(忘却さ)せた。

Top


ドン・ファンの教え The Teaching of Don Juan
呪術師との出会い、そして、新たな宇宙観の学びのはじまり。すべての起点となった第1作。(「BOOK」データベース)


無限の本質 The Active Side of Infinity

呪術師ドン・ファンの教えに導かれ、人生の記憶すべき出来事を収集する著者―。師との対話によって「見ること」「内的沈黙」「夢見」の技法をさらに深化させ、新たな精神世界の扉を開くカスタネダの到達点。(「BOOK」データベース)



夢見の技法 The Art of Dreaming
完全に夢をコントロールし、無限の夢見の世界に到達するのは可能か。呪術師ドン・ファンに導かれ夢見の新領域にチャレンジするカスタネダの15年の闘い。 「BOOK」データベース)



沈黙の力 The Power of Silence
非常にして明朗な呪術師ドン・ファンに導かれ、意識の処女地へと分け入るカスタネダの苦闘。人間精神の可能性を極限まで追求する待望の最新作。「BOOK」データベース)

呪術と夢見 Eagle's Gift
宇宙の生命力は自分を知る手段として、知覚を持つ生命体(有機・無機)を誕生させる。人間もその一つ。人間の寿命が尽きるとき、その知覚を獲る(食べる)。その姿が、巨大で真っ黒な鷲の嘴に吸い込まれて行く様子として見られる。
Then he talked about ancient man, He said that ancient man knew, in the most direct fashion, what to do and how best to do it. But, because he performed so well, he started to develop a sense of selfness, which gave him the feeling that he could predict and plan the actions he was used to performing. And thus the idea of an individual 'self' appeared; an individual self which began to dictate the nature and scope of man's actions. As the feeling of the individual self became stronger, man lost his natural connection to silent knowledge. Modern man, being heir to that development, therefore finds himself so hopelessly removed from the source of everything that all he can do is express his despair in violent and cynical acts of self-destruction. 古代の人間は何をし、どのように最善に行なうのかを直接に感じていた。しかし、無意識の創生が続くことで、自らの創造を予測したり計画できる環境と勘違いし始め、取り巻く周囲と一歩引いた「個」の存在に目覚めた。やがてこの主観がさらに強まり、沈黙の知識との繋がり(一体であること)を忘れることになってしまった。今日の人類はここから派生した人々で、全ての力の原点(宇宙意思)からつながりが切れたことを無意識に感じており、失望感や絶望感がはびこり、凶暴で冷笑的な自己破壊現象として現れる。

Discovery Channelの宇宙の謎プログラムより、
先端の物理学者が宇宙の謎を語り始めた。最早タブーではなさそう。無限の宇宙が存在すると、さらに未来と過去と現在は同時に存在する。未来は既に存在する、起因の前にも結果が存在、つまりもう出来ていると。だが、未来が固定されていると言っているのではない。その時点から見て次の可能性の世(未来)が無限に存在、その中から一つ未来を選び出す。見る人の異なる立場から、別べつの時間の進行が存在しなければならない故の理論から導き出される結論。 カルロスのアセンブリッジ点の話に似てきたと思わない? アセンブリッジ点を極小に動かすだけで、知覚が移り、同じ経験、異なる経験をもができるのだ。
 スイスのCERN(欧州原子核研究機構)、そこでは無の空間から物質が飛び出し瞬時に消滅する。又、物理学者はこの世界の9割は私たちには見えないもので構成されていると言い、アインシュタインのクオンタムエンタングルメント理論によれば、私たちは160憶光年のかなたとも、瞬時に繋がっている。時代を超えて・・・(宇宙は外縁に行けば行くほど加速している、万有引力の法則に反して。)・・・
  もし我々が時間の波の頂点から頂点へ移る(出現)する生物だとしたら、その間に存在する物質は計測できないのも当然かな?
 「我々の存在する宇宙はホログラムのようなもの、宇宙の全ての記憶は宇宙の端の二次元の球面にすべ記録されている」とも、一部の物理学者は唱え始めている。 ブラックホールの淵では光が逃げ出せるこちら側と、光が逃げ出せないあちら側、その間には光が静止する点がある、勿論我々の見えには見えないが。ブラックホールの二次元の球面、そこにはブラックホールに起きた物語が全て記録されている。
  ハイゼンベルクの不確定性原理を一歩進める実験結果が発表された。フォトン一個の幅を持つ一本のスリットを通過するフォトンは通過後の壁に波のしま模様を描く。横並びの二本のスリットを通過したフォトンも二本の線を描くのではなく、それを中心に波のしま模様を描く。このことは二つのスリットをフォトンが必ず同時に通過する事を意味する。さらに面白い実験結果は、フォトンの通過を観察しようとすると、しま模様が消えて、元々予測されていた二本のスリットのパターンが現れた。・・・ドンファンなら、こう言うかも「 内部ダイアログを止める事と同じ」、つまり過去ばかりを認識している日常から、真にその瞬間の(oncoming)世界を見つめる事に。やった!!! と手をこすり合わせたくならない?
 詳細は忘れてしまったが、脳は事象が始まる前から予期して活動始める。CT スキャンを使った実験で、被験者の脳はYes, Noの質問が問われる2~3秒前から答えを形成し始める事が実証されている。
 蛇足になるが、 自由意思について。神は人に自由意思を与えたと、しかしバイナリの世界では、誰かが1であれば、他の人は1になれない。ニール・ドナルド・ ウォルシュの『神との対話』では、人は孤独な存在だと解いている。




Copyright (C) MindTree